読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いわき合気道稽古会ブログ

福島県いわき市で活動している(公財)合気会登録団体です

スポンサーリンク

テーマを決めて全体に適応してみる

今回は、正面打ちを稽古しました。

f:id:kobiyama:20160725002634j:plain

正面打ち四方投げ

緩みを取って、相手を引き出しながら導いて型通り行います。

今回、組んだ相手から「最初から最後まで緩みを取るんですね!!」と言われました。

以前からそう言っていたつもりだったのですが、伝えるのは難しいです。

最初に緩みを取ったあとに力みや引っ張るのを感じたのは、意識の違いがあったのですね。

「緩みを取る」とテーマを決めたら、型の最初から最後までトコトンやってみるといいと思います。

最初から最後まで、自分が何をしているか、相手との関係はどうか、「今、今、今」を感じ続ける必要があります。

「力を抜く」も同様だと思います。

動きが止まってしまったり、上手くいかないときに、腕力や勢いで辻褄を合わせようとする人もいますが

それでも「力を抜いて」できることを探してみるのも面白いと思います。

私自身もそうですが、「聞きたいように聞き」「やりたいようにやって」しまいがちです。

「自分、自分」を捨てて、ただやってみることが大事なことなのかもしれません。

このあたりが、「動く禅」と言われる所以なのかなと感じています(個人的な見解です)

今回も面白く稽古できました。

関連記事