いわき合気道稽古会ブログ

福島県いわき市で活動している(公財)合気会登録団体です

スポンサーリンク

3/21の稽古

今日の稽古は、復習として基本技を通して、
ベースの考え方、なぜその動きをしているのか
説明を加えて稽古を行いました。


  • 逆半身片手取り一教

まず手を取らせまずが、このとき大事なことは相手を強いと認め尊重することです。
そうすれば、力にまかせて手を動かすことがどれだけ可能ではないのかわかると思います。

ここでは、「相手を強いと認め、手は動かせない」ものと仮定します。

手は動かせませんが、よく自分の身体を観察すると全く動けないわけではありません。
それ以外の部分は、いまだ自由に遣えます。
動かせない手はそのまま置いておき、入身で相手と新しい関係を作ります。
そうすることで、相手を導く可能性が出てきます。


これらの技も同様に、動かないところは動かさず
相手を引き出すように導きます。


こういったことは、力まかせにやっていては違いが絶対にわかりません。
とにかく、力を抜いて、ゆっくり、相手の反応にも意識を向けながら繰り返し行いました。
そして、投げようとするととたんに出来なくなることも感じてもらえたと思います。


相手を認め、活かす稽古を続けていきます。