いわき合気道稽古会ブログ

福島県いわき市で活動している(公財)合気会登録団体です

スポンサーリンク

9/13の稽古 正面打ち 「間・いい場所をもらう」

本日は、「いい場所をもらってから、いくつかの技へ展開」を確認しました。


  • 片手取り転換
  • 正面打ち->間をはずす、入身
  • 正面打ち呼吸投げ
  • 正面打ち小手返し
おまけ
  • 三教基本


まず、正面打ちの「間」の確認を行い、相手の頭にちゃんと当たる間を確認します。
初心者や、遠慮して打つと、遠い間になってしまうことがあります。


  • 当たらない場合、そもそも対応する必要がない。
  • 取りが迎えに行くことで、型が難しくなる。
ということを分かっていただきたいです。
わざわざ難しい状況を作って稽古していることも有り得ます。


取りに貢献するためにも、受けは正しく打つ、正しく受けるということ意識したいです。



U先生の言う「お付き合いしない」の通り、正面打ちは止めたりせず、

いい場所をもらうことを最優先に、入身・転換を繰り返しました。

いい場所をもらって同じ状況から、呼吸投げ、小手返し入身投げ四方投げ、天秤投げ等に展開できることを確認しました。技を展開する以前に、受けの「あご」・「みぞおち」・「金的」に当てを入れられる場所だったりします。


「いい場所をもらう」というのは、簡単ではないけれどわかりやすいので研究してみたいと思います。